俳句同好会活動模様

 「第45回」
  令和1年6月21日(金)午前10時〜12時/OBサロン


1.参加状況
 (出席) 10名、(欠席で投句あり)3名
 *兼題:「梅雨一般」

2.句会の結果
 *互選による高得点句(3点以上、句の下の数字は得点)と講師の選句(@印)を掲載
  @若き日の志学の香り栗の花(5)
ーー武彦
  @梅雨晴間童の調べ喜寿祝ふ(3)ーー倉蔵
    山里に霞む墨絵に梅雨山河(3))ーー清
   梅雨の晴れに煌く水玉大賀蓮(3))ーー幸一
   雨上り白きわだてり半夏生(3))ーー強

  @梅雨の空月に寄りそう星二つーー俊子
  @子らの声響く校庭梅雨晴間ーー俊子

 *中本講師の句
  鮭とばを肴に籠る梅雨の宵子
  水郷や戸ごと艶ます花菖蒲

3.講師の講評・連絡事項など
  *7月の第3週は休会とする
  *すべての句に、講師からの添削がありました

4.第46回は、7月5日(金)10時から、OBサロンで開催します
  兼題は「夏の帽子一般」

俳句同好会 藤野 武

「第46回」
 令和1年7月5日(金)午前10時〜12時/OBサロン


1.参加状況
 (出席) 12名、(欠席ーー投句あり)1名
     *兼題;「夏の帽子一般」

2.句会の結果
 *互選による高得点句(3点以上、句の下の数字は得点)及び講師の選句(@印)を掲載
  @草を摘む麦わら帽子見えかくれ(6)−−繁夫
  @千枚田麦藁帽子実り待つ(4)−−倉蔵
  @耐え忍ぶ礼分烈風お花畠(4)−−英則
   田ノ水の溢るるほどの梅雨さかり(4)−−保雄
  @夏帽子想い巡らす至仏山ーー幸一

 *中本講師の句
   車椅子押す子乗る母夏帽子
   惨たりし沖縄戦や夏至の雨

3.講師の講評など
 *推敲のポイントーー無駄な言葉を省いて、状況を表す言葉に変える。
              言葉の入替えで、私的(ポエム)になる。
              名詞には送り仮名は要らない。
 *7月の第3週は休会とする。
 *今回は、全ての句に添削がありました。

4.第47回は、8月9日(金)10時から、OBサロンで
  兼題は「西瓜」。

俳句同好会

前回の活動はコチラ